REPORT

2018.09.27

田丸篤志さん&野島健児さんが登場した
「殺し屋とストロベリー」のイベントレポートを公開!

裏社会×恋愛 ADV という異色の組み合わせで話題の「殺し屋とストロベリー」の発売記念イベントがアニメイト池袋本店で開催され、田丸篤志さん(ツキミ役)と野島健児さん(クラマ役)のお二人が登壇しました。

ゲームが 8 月に発売されたばかりの今作は「喫茶 月影」を拠点に様々な裏稼業の男性たちが登場するということで、まずはご自身が演じたキャラクターの印象についてのお話から。

「喫茶 月影」のマスターであるツキミを演じた田丸さんは「最初は“優しいお兄さん”というイメージがありました。でも服や料理のセンスが少し人とは違っていて……。実はカワイイものが好きだったり、そんなギャップが演じていて面白かったです」と、ツキミの見た目と内面の違いを明かしてくれました。

一方「喫茶 月影」の裏店舗で闇医者をしているクラマは、偏屈で合理主義者。特殊な職業も相まってか、野島さんも見た目の印象に驚いたそう。「最初にイラストを見た時に“くせが強い!”と思いました。なので、テストの時にかなりくせを強調して演じたんですが、ちょっと違ったみたいで(笑)。最初に僕がイメージした濃い部分も残しつつ、それでいて美しくも見えるように役を作り直しました」と収録時のエピソードを語ってくれました。

野島さんが“アレ”を初体験して感動!?

続いては殺し屋という職業の彼らの日常について、トークが繰り広げられました。職業柄、昼夜が逆転した生活を送っているツキミですが、喫茶店のマスターということもあり「料理は(下手なりに)趣味」ということ。ここで野島さんが「本人はどうなの?」と田丸さん自身に料理の腕前を聞くと「多分、ツキミより下手です!」と答え、その即答っぷりに会場は笑いに包まれました。

クラマが闇医者ということで、野島さんは白衣を着て登場!これ、自前だそうです!

そしてそんな「喫茶 月影」では美味しそうな料理がたくさん出てきますが、お二人が気になったメニューを発表!   田丸さんは「喫茶店だけど、お茶漬けとかもあって、そういうご飯系が気になりました!」と、お食事メニューがお気に入りの様子。野島さんは作中に登場した「クグロフ」の実物を見たことが無くて気になっていたそうですが、なんとイベント当日に楽屋で食べる機会があったらしく、「手のひらサイズの“ミニロフ”を“初ロフ”したんですが“うまロフ”でした!」と笑いを混ぜつつ、初クグロフを堪能していらっしゃいました。

さらにクラマはミニチュアづくりが趣味なので、手先を鍛えるために細かい作業をしているのでは? ということから「声を鍛えるための趣味」というお話へ。田丸さんは「僕はゲームが好きなので、負けたりすると結構大きめに“うわぁぁ!”って叫んで、のどを鍛えています(笑)」と驚きのトレーニング方法を教えてくれました。

コラボドリンクやじゃんけん大会など、大盛り上がりのイベント♪

この後もアニメイト池袋本店で行われていた「アニメイトカフェキッチンカー」とのコラボドリンクを飲んだり、サイン入りポスタープレゼントのじゃんけん大会などが行われ、イベントはあっという間にエンディングへ。

コラボドリンクを全種類試飲しましたが、お二人の口から「美味しい」の言葉が止まりませんでした!

「みなさんのおかげで楽しい時間が過ごせました。ゲームを最後までプレイしていただいて、もしよかったら 2 周目 3 周目とやってもらうと新発見もあると思うので、骨の髄までこの作品を楽しんでもらえたら嬉しいです」(田丸さん)、「僕もクラマ以外のキャラクターのストーリーを見て、感動や驚きがあり、深いストーリーが込められているステキな作品だと思いました。コラボドリンクなどもあるので、ぜひ自分自身でも体感しつつ、本作の世界観に浸ってください」(野島さん)とそれぞれ挨拶し、イベントは幕を閉じました。

□「殺し屋とストロベリー」(PlayStation Vita)
価格:【通常版】¥6,300(税抜)
   【ダウンロード版】¥5,800(税抜)
原作:株式会社ブロッコリー
キャラクターデザイン:カズキヨネ
発売元:株式会社ブロッコリー

出演:田丸篤志(ツキミ役)
   石川界人(イズナ役)
   野島健児(クラマ役)  
   花江夏樹(ノイン役)
   八代 拓 (アモン役)
   前野智昭(長谷川役) 

「殺し屋とストロベリー」公式サイト http://www.korosuto.com/
「殺し屋とストロベリー」
アニメイトガールズフェスティバル公式サイト http://www.korosuto.com/special/agf2018/

おすすめ記事