FEATURE

2018.10.11

「アクロス」×「ボイフォレ」インタビュー企画第2弾
帆世雄一さん、浜添伸也さん、五十嵐雅さん、樋柴智康さんが登場!

今年設立10周年を迎える「アクロスエンタテインメント」。10月27日、28日に開催される「ACROSS FEASTA!!10th ANNIVERSARY THANK YOU ALWAYS.」をより楽しむためのスペシャル企画として、ボイフォレではスペシャルインタビューを実施! 第1弾では村上喜紀さん、仲村宗悟さん、外崎友亮さんのインタビューをお届けしましたが、今回は帆世雄一さん、浜添伸也さん、五十嵐雅さん、樋柴智康さんの4名が登場。聞いているだけでドキドキしてくる初アフレコ時のエピソードや、声優というお仕事について語ってくださいました。

ボイフォレ独占!「アクロス10周年記念特別インタビュー」第2弾

アクロスに入所した時の思い出を教えてください。

帆世雄一さん(以下、帆世):僕はたくさんの事務所が合同で行なっている「新人発掘オーディション」に一般で応募して、選んでいただいたことがきっかけで入所しました。何社か声をかけていただいたのですが、ドラフトみたいに抽選ボックスで一社が交渉権を獲得できる、という仕組みがあって。その抽選で一番最初にアクロスのマネージャーさんが、僕の名前が書いてある紙を引いてくださったんです。こんなミラクルは無いなって思いましたね。本当にいいご縁でした。

浜添伸也さん(以下、浜添):入所当時は事務所に行くこと自体が緊張だったので、家でストレッチとか発声練習とかして「こんな話をしたらいいかな」ってイメージトレーニングをしてから向かうようにしていました。でもいざ事務所に足を踏み入れてみると皆さんすごく優しくて、ほっと一息付けて緊張が緩和したのが記憶に残っています。

帆世:僕は浜さん(浜添さん)と5周年記念パーティーで初めてお会いしたと思うんですけど、あの時はほかの皆さんとも、ほぼ初対面だったんですか?

浜添:そうですね。正式に僕が所属ってなる前に5周年記念パーティーがあったので、皆さんへのご挨拶も兼ねて参加させていただきました。そこで先輩方が用意してくださったプレゼントをいただける抽選コーナーがあったんですけど、僕が1番良い賞を当ててしまって(笑)。周りの方は「アイツ誰?」って思っていたハズなので、鮮烈なアクロスデビューでしたね。

帆世:すごく、申し訳なさそうな顔してましたよね(笑)。

浜添:そうなんですけど、内心はすごく嬉しかったです(笑)。

五十嵐雅さん(以下、五十嵐):僕は面談で社長に初めてお会いしたんですけど、最後に質問する機会があって「社長は何を一番大事にされていますか?」って聞いたのを覚えています。そしたら「仕掛けていくことだね」って答えていただいて、その言葉にすごく共感して「ここだ!ここに入りたい!」って思いました。

樋柴智康さん(以下、樋柴):僕はちょうど、アクロスエンタテインメントという事務所ができた時に入りました。創立時は僕が1番の新人で、先輩ばかりだったんですけど、皆さん優しくてアットホームな場所だなと感じた思い出があります。

初アフレコの時のエピソードなどを教えてください。

帆世:初めてはドラマCDの現場でした。キャストはベテランの方が4人、僕はモブで参加させていただきました。収録はスケジュールの都合でメインの方1人しかいなくて、その方も諸事情で遅れて現場入りされたので、当時マイク前の立ち方もわからない僕が、ぽつんとしていたのを覚えています。でも後からいらっしゃったその方が、すごく優しく教えてくださったんです。ずっと2人で話しながら最初緊張していたことが何だったんだろうって思うくらい、和気あいあいと収録が進んでいきました。それで声優の現場はこういう感じなのかなって思って次の現場に行ったら、何十人も役者が居て、皆ぴしっと立っていて……(笑)。なので初めての現場でゆっくりと先輩と話しながらお仕事できたのは、貴重な体験だったと思います。

浜添:11年くらい前で、初めてはアニメの現場でした。僕の場合は元々フリーだったので、マイク前の立ち方などを教えてくれる先輩が身近にいなくて……。テストと本番は同じマイクを使用するんですけど、それも知らないまま初アフレコに参加しちゃったんです。先輩方にご迷惑をおかけしたんですけど、皆さん怒ることもなく優しく教えていただいたことが忘れられないですね。

樋柴:聞いてるとドキドキしてくるよ……。

帆世:本当、胃が痛くなりますね!

浜添:本当にね。当時は緊張しすぎて前日にスタジオに行って場所を確かめてみたり、電車が止まってしまったら怖いんで当日も4時間前に現場に着いたりしてて、懐かしい思い出ですね。

五十嵐:僕は遠くから声をかけるような演技の時に、マイクから1番遠いところに実際に行って「おーい!」ってやっちゃいました……。

帆世:実寸の距離を稼いで演じたってこと?

五十嵐:そう!

浜添&樋柴:気持ちスゴイわかるわぁ~!

帆世:実際にそのやり方で演じてみて、周りの人のリアクションはどうでした?

五十嵐:みんな爆笑してたね! 僕自身はまったくやり方を知らなかったので普通だと思ってたけど、後々イベントでネタにされたりしました。

樋柴:僕も帆世くんと一緒でドラマCDの現場が初めてでした。11年くらい前だと思うんですけど、新人だったのでモブキャラでセリフも一言二言で。初めてということでわくわくしながら挑んだんですけど、セリフが少なくてあっという間に終わってしまい「もう終わっちゃうんだ!」って思ったのを覚えています。もっと喋りたかったなって寂しくなりましたね。

帆世:「もっとやりたい!」って思ったんですね!

樋柴:なんていうか、「これだけしか喋らないんだ」て切なくなった覚えがあるかな。

「声優」というお仕事をしてて、良かったなと思うことはなんですか?

帆世:僕自身ゲームが好きなので出演したゲームをプレイした時に、自分の声が聞こえてくることが嬉しいですね。あとは友達と出演作品をプレイできることかな。この前もよく行く居酒屋さんで友達がゲームをすすめてくれて、その中に僕が出演した作品があったんです。それで4人でマルチ対戦したんですけど、全員僕の演じたキャラクターを選んでくれたんです。

全員:へぇー! すごい!!

帆世:実際にプレイしたら僕の演じたキャラが守備型だったんで、めちゃくちゃバランス悪かったですけど(笑)。でもそんな風に思えることは声優っていうお仕事じゃないと経験できないことなので、嬉しかったですね。

浜添:僕は自分の見た目にとらわれず、子供から老人、あとはゆるキャラとかまで幅広く演じられることがステキだなと思いますね。

帆世:浜さんは何でも出来るもんなぁ。

浜添:いやー、まぁよく言われますけど(笑)!

全員:(笑)

浜添:でも一応「そんなことないですよ(汗)」って書いておいてください!

全員:爆笑

浜添:あとは田舎に帰省した時に親戚の人が「あれ見たよ! 最後にテロップで’’浜添伸也’’って出てたよ!」って言ってくれたりするのも嬉しいです。

五十嵐:やっぱり好きなことをして、ご飯を食べていけるっていうことかな。なかなか出来ることじゃないと思うんですよね。本当に感謝の塊です。以前ホセピン(帆世さん)と一緒に朗読劇をやったんですけど、公演が終わってビールを飲んだ時にすごく美味しく感じて。お客さんに笑顔で楽しんでもらえて、自分たちも対価をいただいて、やってて良かったなあって思います。

樋柴:出演作品を見てくれた方からお手紙をいただくことですね。励みになるのはもちろんなんですけど、元気をもらえるので。僕自身が筆不精でなかなかお手紙を書いたりしないので、わざわざ時間を作って文章を考えてってすごいことだと思うんです。その気持ちをいただけることはありがたいです。

帆世:筆不精と仰っているんですけど、樋柴さんはイベントとかが終わって少し経った後に、言葉を選んでツイートしたりするんですよ。それこそお手紙の感想とかも含めて。その文章から「本当にお手紙が嬉しかったんだろうな」っていう気持ちが伝わってきて、涙腺が大変です。

Twitterの文字数だけで感動できるって、相当すごいことですよね。

樋柴:いやいや……。「そんなことないです(汗)」と書いてください(笑)。

全員:爆笑

今回お集まりいただいたキャスト様同士、お仕事以外で交流はありますか?

帆世:(即答で)ないですね!

五十嵐:え、でもホセピンとはたまに会わないっけ?

帆世:えぇ?(しばし考えて)あーあるある! 共通の知り合いと飲みに行ったりとかはありますね! でも現場で一緒だった日に飲み会があると、現場でも飲みの場でも五十嵐さんに対してツッコまなきゃいけなくて、もういいやって思っちゃう(笑)。

五十嵐:(笑)

帆世:あとは飲みに行ったりではないんですけど、樋柴さんは、よく僕にプレゼントをくれるんですよ。

お誕生日とかではなく、普通の日にですか?

帆世:そうですね。「お世話になっています」って感じでいただくことがあります。今日かぶっているこの帽子も、実はプレゼントしてくれた物で……。

浜添:え? そうなんですか? でもそれなら、帆世さんよりも僕の方が帽子かぶってますよ(笑)!

五十嵐:待って、なら僕の方が樋柴さんとの繋がり、長くないですか?

樋柴:長いね(笑)。帽子に関しては、たまたま家に僕がかぶらない物があったんです。細身の人しか似合わないだろうなって思ってあげたんです。

10月に開催されるアクロスフェスタでご用意いただく愛用品は、どんな物を紹介していただけますか?

帆世:大学時代から遊んでいるボードゲームです。開拓されていない島で家や都市を作ったりして、誰が1番開拓できるかっていうルールなんですけど。11年ぐらい前に買って、役者仲間と僕の家に集まって遊んでましたね。ちなみに4人~プレイできます!

五十嵐:人数的に今日のメンバー、ちょうどいいじゃん!

帆世:そうなんですけど、これ1プレイで3時間くらいかかるんです(笑)。しかもルールが難しいので、1回チュートリアルで3時間かけて遊ぶ感じですね。

五十嵐:じゃあ、ちびちびとお酒飲みながらやったら楽しそうだね!

取材当日に愛用品の「ボードゲーム」を持参してくださった帆世さん。他のキャスト陣も興味津々の様子で、覗き込んでいました。

浜添:僕は恩師からいただいた腕時計です。仕事の時とかもほぼいつもつけてて、時計を見ると初心に帰れるし、背筋がのびる感じがしますね。

帆世:時計をくださる恩師って、なかなかいないですよね。

浜添:そうなんですよ。しかも僕機械系が苦手で、ねじをいじって時間を合わせるのも得意じゃなくて。でも恩師はそれを知っててくれたみたいで、この時計は太陽で時間を調節できる物なので、その気遣いも嬉しかったです。

五十嵐:僕が生まれる前から家にある香炉ですね。どうやら親父がおふくろに初めて贈ったプレゼントらしくて。なんか初プレゼントっていうのが印象的で、僕自身のパッションの源になります。磨くと色が変わる青銅で出来ていて、今も現役で使えるし、馴染みのある物だと思います。

樋柴:ボイスサンプルの録音とかに使っている、コンデンサーマイクです。今でこそスマホとかでキレイに録音できるけど、当時は今ほど簡単に録れる物が無くて、少しお金をかけて買ったので思い出深いですね。

 

アクロスフェスタへの意気込みをお願いします!

帆世:僕自身この業界はまだ新人なんですけど、事務所の中ではいわゆる中堅という立場なので、橋渡しになっていけたらと常に思っています。例えば先輩方に教えていただいたことを、次の世代に伝えていったり。そういうことをアクロスフェスタを通して、追及して行けたらと思います。

浜添:後輩とかに口でアドバイスするのがあまり得意ではないので、今回のイベントで、僕が実際に表現している部分を見て何かを得てくれればいいなと思っています。そんな姿を見せていって、自分自身もアクロスフェスタを楽しみつつ、来てくださったお客さんには「面白かった」と言っていただけるように頑張ります。

五十嵐:僕自身舞台などの顔出しや声優というお芝居も経験して、うちの事務所にしかできないことって何だろうって、常に問いかけていきたいと思っています。こういう思いを後輩に伝えたり、アクロスを引っ張っていく存在になりたいと思っています。なのでアクロスフェスタで、出演者のパフォーマンスをお客さんに見ていただいて「こんなエンターテイメントの見せ方あるんだねって」と思ってもらえるように頑張ります。

樋柴:10年間でたくさんの仲間ができて、昔と比べて、自分のいろいろな面を出せるようになったと思います。そういった今でこそ出せる部分をお客さんに見ていただいて、会場を出る時に「楽しかったー!」と笑っていただければ幸いです!

帆世 雄一(ほせ ゆういち)1986年7月22日生まれ、B型。
出演作:「あんさんぶるスターズ!」(守沢千秋)など
公式Twitter @joseyou1

浜添 伸也(はまぞえ しんや)1984年9月6日生まれ、A型。
出演作:「100%パスカル先生」(北野ゆうすけ)など
公式Twitter @voice_hama 

五十嵐 雅(いがらし まさし)1983年11月4日生まれ。
出演作:「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」(鷹梁ミナト)など
公式Twitter @masashigarashi

樋柴 智康(ひしば ともやす)1984年3月16日生まれ。
出演作:「あんさんぶるスターズ!」(佐賀美陣)など
公式Twitter @hishibatomoyasu

Photo gallery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は女性声優編ということで清都ありささん、冨岡美沙子さん、佐藤はなさん、湯浅かえでさんのインタビュー&お写真をお届けします! お楽しみに♪

□「カラオケMAX」
開催:2018年10月27日(土)
時間:【1部】12:30/13:00
   【2部】17:30/18:00
会場:山野ホール(東京・代々木)
価格:【プレミアムシート】¥9,500(税込)
    ※非売品特典グッズ付
   【指定席】¥6,500(税込)
総合演出・出演:小山剛志
出演:
【1部】
山寺宏一、花江夏樹、帆世雄一、外崎友亮、金田朋子 他
 
【2部】
岩田光央、仲村宗悟、村上喜紀、奥田耕大、内田彩 他

※1部、2部とも会場30分前から物販があります。(終演後45分間もあり)

「カラオケMAX」公式サイト https://karaokemax.jp/

□「ACROSS FEASTA!!10th ANNIVERSARY THANK YOU ALWAYS.」
開催:2018年10月28日(日)
時間:【1部】12:30/13:00
   【2部】17:30/18:00
会場:山野ホール(東京・代々木)
価格:¥6,700(税込・指定席)
出演:
【1部】
飯塚雅弓、五十嵐雅、伊瀬茉莉也、イッキ、井上宝、岩田光央、大谷理美、緒乃冬華、亀岡孝洋、金田朋子、希山明里、清都ありさ、後藤ヒロキ、小山剛志、今野悠人、佐藤はな、外崎友亮、冨岡美沙子、仲村宗悟、望海将太郎、浜添伸也、樋柴智康、帆世雄一、湯浅かえで、山寺宏一、
(ゲスト)森沢明夫さん・天沼琴未さん

【2部】
五十嵐雅、池澤春菜、伊瀬茉莉也、イッキ、井上宝、岩田光央、大谷理美、奥田耕大、緒乃冬華、亀岡孝洋、川原慶久、紀ノ貴紀、清都ありさ、後藤ヒロキ、小山剛志、今野悠人、佐藤はな、冨岡美沙子、仲村宗悟、望海将太郎、浜添伸也、樋柴智康、帆世雄一、村上喜紀、湯浅かえで
(ゲスト)森沢明夫さん・天沼琴未さん

※1部、2部とも会場30分前から物販があります。(終演後45分間もあり)

「ACROSS FEASTA!!10th ANNIVERSARY THANK YOU ALWAYS.」公式サイト http://across-festa.com/
公式Twitter @ACROSS_FESTA

「アクロスエンタテインメント」http://across-ent.com/