FEATURE

2018.10.04

祝!10周年「アクロスエンタテインメント」特別インタビュー企画!!
第1弾は村上喜紀さん、仲村宗悟さん、外崎友亮さんの3人♪

山寺宏一さんや花江夏樹さんなど、数々の声優が所属する「アクロスエンタテインメント」。今年設立10周年を迎え、10月27日、28日にはタレントたちが集結する「ACROSS FEASTA!!10th ANNIVERSARY THANK YOU ALWAYS.」が開催され、まさにアニバーサリーイヤー! 初日は小山剛志さんのカラオケ企画として人気の「カラオケMAX」が行われます。こちらは今回で第8弾ということで山寺さん、花江さん、さらに岩田光央さん、内田彩さんなど豪華メンバーが出演予定です! さらに2日目にはアテレコやバラエティーコーナーなどを実施。中にはボイフォレとのコラボ企画もあり「10周年」にちなみ、出演キャスト陣の「長年使用している愛用品」を使ったコーナーもあるのでお楽しみに!

ボイフォレ独占!「アクロス10周年記念特別インタビュー」!

今回「アクロスエンタテインメント」が10周年ということで、ボイフォレでは事務所を支える人気若手声優陣をピックアップした、「アクロス10周年記念特別インタビュー」をお届けします。男女総勢11名にインタビューをさせていただき、入所当時や初アフレコの思い出をお伺いしました。まずは第1弾として村上喜紀さん、仲村宗悟さん、外崎友亮さんのスペシャルインタビューをお楽しみください♪

アクロスに入所した時の思い出を教えてください。

村上喜紀さん(以下、村上):僕は専門学校に通っていた時に学内オーディションを受けていました。そこでアクロスからオーディションを見にきていたマネージャーさんに「東京でもう1度オーディションあるから受けてみない?」と声をかけていただき、そこで合格して今に至ります。その時印象的な思い出があって、オーディションが終わってすぐ、それこそ合否がまだ出ていないタイミングでマネージャーさんに誘っていただいて(当時所属していた)浪川大輔さん、伊瀬茉莉也さんと一緒にお食事をさせていただく事になったんです。誘っていただいたこと自体驚きだったのですが、さらにそこで「合格だから先輩に会わせておこうと思って」って言われて。突然の合格通知にとても驚きましたし、とても嬉しかったのを覚えています。先輩方とお食事もできてすごく嬉しかったです。

仲村宗悟さん(以下、仲村):僕は養成所に通っていてそこでアクロスに入るためのオーディションを受けたんですが、初めて受けた時は落ちてしまって。「とりあえずあと2回は頑張ろう」と決めて半年後また受けたら、今度は二次審査で落ちちゃったんです。それで「もう才能ないのかも」と迷っているときにアクロスの社長から電話がかかってきて「半年後、もう1度受けてみないか?」と言っていただいたんです。そしたらその3回目で、ありがたいことに合格することができました。僕としてはずっと受け続けてきたオーディションで、諦めかけていたあの時に声をかけていただいたお陰でチャンスを逃すことがなかったので、あの日から社長に足を向けて寝たことはないです。寝る前に社長に電話して、位置を確認してから寝ます(笑)。

村上:それは逆に迷惑だろう(笑)。

外崎友亮さん(以下:外崎):僕は元々2年ぐらい別の事務所にいて、その後フリーになりましたその時にラジオ番組などでお世話になっている岩田光央さんから「お前にチャンスやるよ」と言っていただきまして、社長に紹介していただいたという流れでした。周りの人と少しきっかけが違う入所だったので、純粋な同期がいなくて当時はびくびくしてましたね(笑)。

仲村:アクロスって、基本的に入所時期とかって決まってないもんね。

外崎:そうだね。僕は4月スタートだったけど7月とか8月とかもたくさんいる。でも同期はいなかったけど、年が近い人がいたので良かったです。あと印象的だったのは岩田さんに「お前と同い年で見込みあるやつがいて」と、とある人の話をされたんです。

全員:えー誰?

外崎:まぁ、仲村宗悟という男なんですけど(笑)。「お前は北海道出身だろう? 仲村ってやつは沖縄出身で、同い年で誕生日も近いし切磋琢磨できるんじゃないか?」と言っていただき、すごく仲村宗悟という男が気になりました。

仲村:ぶっ潰してやろうとか思った(笑)?

外崎:そんなことは思ってない(笑)!! でも北海道と沖縄って正反対だし’’白い恋人’’の方が人気あるし! とか思った(笑)。

村上:それは何と比べてるの(笑)?

仲村:’’ちんすこう’’でしょう?

外崎:うん(笑)。そういうこともありその岩田さんとのやり取りを、今でもすごく覚えてますね。

ーー初アフレコの時のエピソードなどを教えてください。

村上:デビュー作は「魔法少女対戦」という作品でしたね。マイクワークや立ち振る舞いとかはある程度専門学校で習ってはいたんですけど、やっぱり現場のスピード感についていけなくて……。「ここちょっと直して」って言われても「今、どの部分のことを言われてるんだ?」と思ってしまうほどでした。あと印象的だったのが、先輩の台本にセリフが全然なくて、代わりに’’アドリブでお願いします’’と書いてあったことですね。台本ってセリフありきの物だと思ってたので、その時はびっくりしました。それと同時にこれぐらい任せてもらえるような声優になりたいと思いました。

仲村:僕の場合はマイク前の立ち方とかを習っていなかったので、常に大人数の役者がスタジオに入って収録すると思って、「アイドルマスター sideM」のオーディションに挑みました。実際にスタジオに着いたら誰も居なくて、マイクだけが並んでて、隣のブースには大人がたくさんいて……。

村上:最初はわからないよね。

仲村:そう、わからなかった。そしたら「自分の高さのマイク前に立ってください」って言われて移動して、そこにヘッドフォンがあったので付けたら「それはまだ大丈夫です」と注意されたり(笑)。無事に合格することができたんですけど、やっぱり緊張しましたね。何もかもが初めてで、文字を追っていくことだけで精一杯になったり、不安だらけでした。

外崎:僕はタイミング的にはアクロスに入る前、下積みの時に決まったゲームのお仕事が初めてでした。僕より先に、周りの友達がどんどん初仕事をもらってて、そのたびに「どれぐらい喋るの?」って聞いたりして。3ワードとかでも当時は「すごいな! 頑張れよ!」って言い合っていたんですけど、僕は12ワードだったんです。すごいプレッシャーでした。同じ作品に出ている先輩が余裕で1000ワードとかこなしてるのに(笑)。喜紀と同じで、「もっとこうして」っていうリテイクの対応が出来なくて、パニックのまま終わったのを覚えてます。

その驚異の12ワードを経て、今があるんですね。

外崎:そうですね。その後100ワードくらい喋るゲームのお仕事をいただけた時「昔、12ワードでうろたえてたな」って思い出しました。逆に今は1ワードとかの方が緊張しますね。「この一言で、自分のすべてを注ぎ込まなきゃ」って思います。

声優というお仕事をしていて、良かったなと思うことが何ですか?

村上:声優を目指したタイミングが思春期だったのもあると思うんですけど、今こうして憧れていた職業について応援してくれるファンの方がいることですね。自分がやりたいことをやって、肯定してくれる人がいる環境が刺激にもなっています。

仲村:家族が僕の出演作品を「見たよ」って言ってくれることです。やっぱり家族が1番に喜んでくれるので、それを見て自分も嬉しくなります。お仕事情報を報告すると、公民館とかで絶対自慢してくれてて、それで長生きしてくれればすごく嬉しいことですね。

外崎:刺激を受けるっていう意味では、上手くいかなかったときかな。あとは新しい仕事をしたときですね。今日もたくさん撮影していただいたんですけど僕自身、初体験だったので「まだまだ身に着けることはたくさんあるな」って、わくわくします。

今回お集まりいただいたキャスト様同士、お仕事以外で交流はありますか?

村上:一緒にゲームすることが多いかな?

仲村:俺は、ほぼ交流無い気がする。俺ってミステリアスだし。

村上:自分のこと’’ミステリアス’’だと思ってるの(笑)?

外崎:多分、宗悟の事を応援してくれてる人たちは、そう思ってないよ(笑)。

仲村:そうかな(笑)。プライベートではないんですけど、帆世さんとは番組で毎週会ってるなぁ。俺的には何でも話せる人ですね。

村上:そういう宗悟さんは、すごいアニキ肌だと思います。仕事終わりに相談にのってくれたり、ありがたいです。

仲村:仕事終わりタイミング合えば、ご飯に行ったりするよね。

外崎:僕はとにかく最初に「仲村という男はすごいやつ」って印象がついちゃったんで、会っていなくてもいつも頭の片隅にいる感じ。例えば「最近どう?」、「うん、頑張ってるよ」っていう会話だけでも感化されたり。

仲村:確かに。それは俺も気合入ったりするよ。

村上:やっぱり事務所で会うことが多いので、その後に食事に誘っていただく事もあって嬉しいですね。

外崎:その時に超かわいいのが、「今日一緒にご飯に行きませんか?」って絶対言ってくれることはもちろんなんだけど、「もっと一緒にいません?」って言うところ(笑)。

村上:(笑)。そんな誘い方しますっけ?

外崎:してたよ! 「お前なに? かわいいの?」って時すごいあるよ(笑)。あとは「僕、今日はもっと遊んでいたいです」とか。

村上:そんな(笑)? 

外崎:ドキっとさせられました。

イベントでご用意いただく愛用品は、どんな物を紹介していただけますか?

村上:中学生の時からずっと使ってる筆箱です。当時は親が選んできたものを何気なく使ってたんですけど、思春期だからか自分で選んだ物が欲しくて買いました。高校の時の試験とか専門の授業とか、今のお仕事で使うボールペンも入っているので、青春を共に過ごしてきました。

これからも現役で使えそうですか?

村上:そうですね。全然型くずれしないので、まだまだ使えると思います!

外崎:使えそうかな? さっき見たけど、クッションみたいになってたよ(笑)。

村上:くたくたのクッション(笑)? 昔はもっとしっかりしてたけど、でも壊れるまでは使いたいと思います。

仲村:すごく考えたんですけど、沖縄から持ってきたギターです。元々、音楽やりたくて上京して、18歳の時に親に買ってもらいました。いろんな曲作ったりコピーしたり、別のギターもあるんですけど、これだけは手放せないし見ると安心します。

外崎:今お仕事で関わらせていただいてるのもありますが、遊戯王カードです。小学生の時にハマって、大人になった今も対戦相手がいることが嬉しいです。実家からデッキを送ってもらって、共演者の方と遊んでいます。

イベントへの意気込みをお願いします!

村上:10周年ということで、ありがたいことに今回インタビューなども受けさせていただき、すごく光栄です。今後アクロスが20周年、30周年と続いていく中で、僕も看板になれるような役者を目指していきたいです。そのためにもイベントに全力で挑み、ひと花添えられるように頑張りますので、みなさん楽しみにしていただけたらなと思います。

仲村:当時、どこの馬の骨かも分からない自分を拾ってくれたアクロスには感謝しています。次の節目である20周年の時には僕らの世代が引っ張っていけるように、今回のイベントを含め頑張っていきたいです。自分たちがやってきたことはアクロスへの還元にもなりますし、やっぱり社長には足を向けて眠れないですね(笑)。毎晩電話して確認します!

外崎:僕が入ったときはちょうど8周年イベントの時で、新人だったのに参加させていただいて感謝しています。2年経って成長しているハズなので、前回以上のものを見せて皆さんに喜んでもらえるように、パフォーマンスを頑張ります!

□村上 喜紀(むらかみ よしき)1993年10月29日生まれ、A型。
出演作:「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!」(別府日彦)など
公式Twitter @yoshiki_Village

□仲村 宗悟(なかむら しゅうご)1988年7月28日生まれ、B型。
出演作:「アイドルマスター SideM」(天道輝)など
公式Twitter @ShugoAbc

外崎 友亮(とのざき ゆうすけ)1988年7月31日生まれ、AB型。
出演作:「王様ゲーム The Animation」(神馬竜也)など
公式Twitter @tononotonono

Photo gallery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は五十嵐雅さん、浜添伸也さん、樋柴智康さん、帆世雄一さんのインタビューを公開! さらに今回の3名との、スペシャル対談や今後の抱負についてのお話もお届けします!

□「カラオケMAX」
開催:2018年10月27日(土)
時間:【1部】12:30/13:00
   【2部】17:30/18:00
会場:山野ホール(東京・代々木)
価格:【プレミアムシート】¥9,500(税込)
    ※非売品特典グッズ付
   【指定席】¥6,500(税込)
総合演出・出演:小山剛志
出演:
【1部】
山寺宏一、花江夏樹、帆世雄一、外崎友亮、金田朋子 他
 
【2部】
岩田光央、仲村宗悟、村上喜紀、奥田耕大、内田彩 他

※1部、2部とも会場30分前から物販があります。(終演後45分間もあり)

「カラオケMAX」公式サイト https://karaokemax.jp/

□「ACROSS FEASTA!!10th ANNIVERSARY THANK YOU ALWAYS.」
開催:2018年10月28日(日)
時間:【1部】12:30/13:00
   【2部】17:30/18:00
会場:山野ホール(東京・代々木)
価格:¥6,700(税込・指定席)
出演:
【1部】
飯塚雅弓、五十嵐雅、伊瀬茉莉也、イッキ、井上宝、岩田光央、大谷理美、緒乃冬華、亀岡孝洋、金田朋子、希山明里、清都ありさ、後藤ヒロキ、小山剛志、今野悠人、佐藤はな、外崎友亮、冨岡美沙子、仲村宗悟、望海将太郎、浜添伸也、樋柴智康、帆世雄一、湯浅かえで、山寺宏一、
(ゲスト)森沢明夫さん・天沼琴未さん

【2部】
五十嵐雅、池澤春菜、伊瀬茉莉也、イッキ、井上宝、岩田光央、大谷理美、奥田耕大、緒乃冬華、亀岡孝洋、川原慶久、紀ノ貴紀、清都ありさ、後藤ヒロキ、小山剛志、今野悠人、佐藤はな、冨岡美沙子、仲村宗悟、望海将太郎、浜添伸也、樋柴智康、帆世雄一、村上喜紀、湯浅かえで
(ゲスト)森沢明夫さん・天沼琴未さん

※1部、2部とも会場30分前から物販があります。(終演後45分間もあり)

「ACROSS FEASTA!!10th ANNIVERSARY THANK YOU ALWAYS.」公式サイト http://across-festa.com/
公式Twitter @ACROSS_FESTA

「アクロスエンタテインメント」http://across-ent.com/

おすすめ記事