FEATURE

2018.06.08

乙女ゲーム業界の異端児(パイオニア)
「Rejet」のあの名作たちをチェック!!

6月5日に10周年を迎え、ますます乙女の心を掴んで離さない「Rejet」。今回はそんなアニバーサリーイヤーの「Rejet」から、オススメタイトルを勝手にセレクト! アイドルから吸血鬼まで、常に先の先を行く「Rejet」ワールド前回です!

Rejetの代名詞「DIABOLIK LOVERS」

<主なキャスト>緑川光さん、梶裕貴さん、平川大輔さん、鳥海浩輔さん、小西克幸さん、近藤隆さん、

シチュエーションCDから始まりゲームやアニメ、さらには舞台など様々なコンテンツで人気のRejetを代表するシリーズです。6人のヴァンパイア「逆巻兄弟」との恋模様を描いた作品で、今では当たり前になったダミーヘッドマイク使用作品の先駆けと言っても過言ではない作品です!

☆「ディアラバ」のちょっとした話☆

2011年にニコニコ生放送で配信されていた「ドS吸血ラジオ」。パーソナリティは逆巻家の三男・アヤトを演じる緑川光さんが務め、ほかの兄弟役を務めた声優陣がゲスト出演していました。そんなラジオでも個人的に最も印象に残っているのが、緑川さんのキュートさ! 逆巻家四男のカナト役・梶裕貴さんがゲスト出演すると、話題はカナトがいつも持ち歩くテディと呼ばれるくまのぬいぐるみに。かねてより「テディの声を担当したい!」と言っていた緑川さんでしたが、梶さん回では我慢できなかったのか、破壊力マックスのキュートボイスで「ここ破れちゃったから縫ってよ」と、テディの声を実演! これには梶さん含めリスナーさん全員が、心を射抜かれたこと間違いなしです!

元祖、Rejet色100%の名作「TOKYO ヤマノテ BOYS」

<主なキャスト>鈴村健一さん、森久保祥太郎さん、代永翼さん、鈴木達央さん、梶裕貴さん、遊佐浩二さん、浪川大輔さん、鳥海浩輔さん、諏訪部順一さん

Rejetの原点とも言われている「TOKYO ヤマノテ BOYS」通称:TYB。都内各地から選ばれたイケメン高校生たちが大規模な告白大会を開催し、その頂点をあなたが決める前代未聞のシンデレラストーリー。2011年にPC版がリリースされ2012年にPSP版、さらには2017年にはPSP Vitaにも移植し、長きにわたり支持された作品です。

☆「TYB」のちょっとした話☆

PSP移植が発表されたのは2012年8月。みんな大好きコミックマーケットが絶賛開催中で、もちろんRejetも参加タイトルの一つでした。限定グッズなどが光の速さで完売していきスタッフさんたちも慌ただしく動くなか、そのスタッフさんたちが着用しているTシャツををよく見ると「PSP移植」の文字が……! まさかの発表の仕方に、目撃した人は目を疑ったハズ! ゲームもかなりぶっ飛んでいる内容ですが、茶目っ気溢れるRejetスタッフさんたちもなかなかでした!

Rejetの代表アイドル「MARGINAL#4」

<主なキャスト>増田俊樹さん、高橋直純さん、KENNさん、鈴木裕斗さん

「銀河の果てまでKissを届けるアイドル」をコンセプトに誕生した4人組アイドルユニット・通称「マジフォー」。ドラマCDはもちろん音楽CDやゲーム、アニメ化もされたRejetで1,2を争う人気作です。

☆「マジフォー」のちょっとした話☆

Rejetと言えば他ではまねできない「ルビ」の使い方。楽曲の歌詞にも「愛革命(レボリューション)」や「過去(アイツ)」など特徴的なルビが出てきますが、2017年に放送されたTVアニメ「MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang」では全話タイトルに凝っていて……。「部活(つく)る」、「妄想(もそ)る」などありますが、なかでも秀逸なのが「迷宮(なぞ)から転生(よみがえ)る多元宇宙(マルチバース)」! 普通の概念が一切通用しない切り口に、頭が上がりません(笑)!

今回紹介した3タイトル以外にも、もちろん名作だらけのRejet。10周年の節目に人気作の新シリーズも発表されて、ますます盛り上がるRejetから今後も目が離せません!

おすすめ記事