FEATURE

2018.05.29

本日! 5月29日は国宝級の癒しボイスの持ち主
早見沙織さんのお誕生日♪

本日5月29日で27歳のお誕生日を迎えた早見沙織さん。超絶癒しボイスで誰もが認める透明感の持ち主。今回は早見さんのお誕生日を記念して、演じられたキャラクターや早見さんの人物像を紹介します!

聞いている人の心を癒す天使ボイス

<早見沙織さんプロフィール>

1991年5月29日
アイムエンタープライズ所属
東京都生まれ
AB型
2007年声優デビュー
2015年アーティストデビュー

2007年に放送されたテレビアニメ「桃華月憚」でヒロインの川壁桃花を演じ、アニメ声優デビューを果たした早見さん。いきなりヒロイン役だなんて、演技力のすごさを感じます……! その後も続々とアニメに出演し、2009年には名作の宝庫であるノイタミナ枠で放送された「東のエデン」に出演し、知名度を一気に広めました。

早見さんの演じるヤンデレは秀逸!!

早見さんの演じるキャラクターでも人気が高いのはアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の「新垣あやせ」。主人公・高坂京介の妹である桐乃のことがすごく好きな女子高生ですが、その愛情は病的でもあり……。好きすぎるがゆえにヤンデレ気質を発揮する場面もありますが、早見さんの素晴らしい演技も相まって可愛いキャラクターに仕上がっています。

特技はピアノというまさにお嬢様

幼いころから水泳や絵画などの習い事を多くしてきたそうです。しかしスポーツは長続きせず、唯一続いたのが幼稚園の頃に始めたピアノなんだそう。今では作曲もするほどの才能の持ち主で、気品ある早見さんの見た目にぴったりな特技! ちなみに絵画の方は独特なセンスを持っているらしく、過去にアジア大会で金賞を受賞するとい驚愕の経歴をもっているものの、仲良しの花澤香菜さんには「何かの間違い」と言われてしまったとか(笑)。

意外にも酒豪説!? でも酔っぱらうとやばい……!

劇場版アニメ「はいからさんが通る」の舞台挨拶で、演じる花村紅緒の酔っ払いシーンについて語った早見さん。自身もお酒をたしなむらしく、酔っぱらうとテンションの振れ幅が大きくなるようで……。自宅に帰ってきて家に向かって「(もう酔いません)ごめんなさい」と、謝るという衝撃のエピソードを披露していました(笑)。

声優としてもアーティストとしても大活躍の早見さん。透き通るような声で癒しを届ける一方、天然さが分かるお酒のエピソードがあるなど、早見さんというキャラクターが愛されている理由がよくわかります! 本当にお誕生日おめでとうございました!!

早見沙織 公式サイト http://whv-amusic.com/hayamisaori/
スタッフによる公式Twitter @hayami_official

写真掲載元:早見沙織 公式サイト

おすすめ記事